農家の一人娘だけど男性に負けない!施工管理技士でキャリアアップを目指す徒然日記!

TOP >  ★象牙に代わる高級印材チタンで認印を作成してみませんか?★

★象牙に代わる高級印材チタンで認印を作成してみませんか?★

2017.5.31

認印

象牙は、1975年にワシントン条約に指定されているため輸入が禁止されています。したがって、現在普及しているのは条約締結前に輸入されていたものであり、希少性があることから価格は上昇しています。アメリカなどは国内取引を禁止するよう提言していることもあり、今後は象牙で認印など印鑑を作成できなくなるかもしれません。また、既に印鑑の大手通販サイトで象牙の取り扱いを自主的に終了しているお店もあります。象牙が認印作成に好まれるのは、朱肉の馴染みが良いのと耐久性に優れている点であり、一生モノとして利用できることから重宝されていました。しかし、近年、象牙に代わって注目されているのがチタン製の認印です。チタンは加工が難しいデメリットがありましたが、加工技術が発達したことにより印鑑としても最適な素材として活用できるようになりました。チタンは、歯科治療などにも利用されるなど耐久性は非常に優れており、メンテナンスも容易なメリットがあります。朱肉との相性も良く、押しムラのないキレイな捺印を実現できます。今では多くの印鑑作成ショップで販売されており、見た目の美しさからも人気が高まっています。加工技術の発達により、チタンの印鑑も値段が少しずつ下がってきてはいますが、まだまだ他の印材に比べて高額です。それでも10,000円程度で作成できるので、自分へのご褒美、記念、あるいは贈答用に利用することをおすすめします。ただし、チタンと言ってもお店によってデザインや品質など異なってくるので各サイトを比較してお気に入りの印鑑を作成すると良いでしょう。特に、不純度の少ない「純チタン」は高額な傾向があります。価格が安いチタンは化合物も多く含まれているので、質にこだわる場合は注意が必要です。ハンコマンで売られている百年チタンは、純度99%を誇り、価格も12,000円からと手ごろでおすすめです。ただし、チタンの場合は制作まで時間を要する傾向があるので、ある程度時間に余裕を持って購入すると良いでしょう。

農家の一人娘だけど男性に負けない!施工管理技士でキャリアアップを目指す徒然日記!

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) 農家の一人娘だけど男性に負けない!施工管理技士でキャリアアップを目指す徒然日記! All Rights Reserved.